読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽記

笙 うた 奏者 大塚惇平のブログです。

屋久島スピリチュアルジャーニー その1

思うこと 感じること 活動について

f:id:ohtsukajumpei:20161208104142j:plain

「スピリチュアル」という言葉は好きではないのですが、どうしても今の時代、「スピリチュアル」という言葉でしか名指せないものがあると思います。「宗教」でも、「信仰」でもなく・・・それなりに毒のある言葉ですが、あえて「スピリチュアル」という言葉が今の時代に指し示すものを批判的に引き受けた上で、そういうものについて語っていくことがどうしてもしたい、と思い、少しずつ書いていこうと思っています。ま、カミングアウトです。というわけで、ちょっと前の話になりますが、屋久島スピリチュアルジャーニーを、少し。いや長いか笑。

屋久島のことは、過去記事も貼り付けておきます。

 

ohtsukajumpei.hatenablog.com

 

ohtsukajumpei.hatenablog.com

 

***

僕は、神仏や、精霊、といった存在というのはいると感じています。人間的な価値観の中だと、神仏は畏れ敬うものであって、時に人を罰する、というような感じですが、僕自身はそういうものは「お友達」だと思っています。

そういう自然の中にあるエネルギーは、人間を助けてくれたりしますが、そこに損得関係はないとも感じています。生贄や供物を捧げなければ願いを叶えてくれない、人間を祟る、等・・・。それは、人間がそういう風に「眼差す」からそういう風になっていくのであって、それも人間の文化だと思います。神殿を作り、儀式を作り・・・そういうものはその社会の文化的伝統であって、そこにはそれなりのエネルギーが発生しますし、リアリティーも生じると思います。それはそれで、そういう美学なのであって、素晴らしいものだと思いますが、それもあくまで相対的なものであり、共同幻想なのだと感じています。けれど、逆に言えばそれこそが人間のリアリティーにいのちを注ぐ秘儀でもあるのですが。

また、実は神仏とか、そういう存在にとっては、「上下関係」という概念はなく、神対人のような、そういう非対称な関係を作ったのは人間だと思います。お互いに単なる宇宙の中の存在物なのであって、友達に頼み事をしたり、友達を尊敬したり、敬うのは、別に損得関係があってやるのではなくて、やってあげたいからやるわけで、普通のことですし、そういうものだと僕は思っています。僕個人は、そういう交流をしています。

人間が「そういう風に眼差す」からそこに存在しているのであって、そういうものだと思っています。

確か、ずうっと前に読んだ田口ランディさんのエッセイの中で、アイヌの有名なシャーマンのアシリレラさんとのエピソードで、人間がいなければ、世界に意味はなくて、ただ、のっぺりと存在しているだけになってしまう、とレラさんが語るシーンがあった気がします。本当に、そういうことなのではないか、と僕は思っています。

まあ、そうは言っても笑、僕は神社とか、仏閣は大好きですし、エネルギーをもらいますが、やはり、そういうのは土地そのもののピュアなエネルギーだけでなくて、人の想いとか念とか記憶とか歴史が積み重なってエネルギーになっているものです。人間の集合意識と言いますか。もちろん、人間が文化的に構築するからこそその土地の荒ぶるエネルギーが人間にとって咀嚼可能なものになるということもありますけれど。それはとても魅力ですし大好きですし、そういう風に「夢」を見た人間の文化の中に入ることはワクワクします。そのあたりの面白さは、なかなか妙味というか、本当に面白く、いつも発見があって楽しいのですが、そう言ったどちらかというと人の創りしものより、もっとピュアなものに触れたいなあ、と思う時もあるわけです。

f:id:ohtsukajumpei:20161208104450j:plain

その点、今回滞在した屋久島は、あまり人の念が入っていない場所が多いように感じました。屋久島には、あまり民俗芸能みたいなものがなく、オリジナルな昔話とか、オリジナルな信仰もあまりない・・・(なくはないのですが、何か、とってつけたような・・・僕の無知でしたらすみません)。基本的にはヤマトの文化圏になるので、寺社仏閣があるのですが、それも違和感を感じなくもない・・・。ヤマトの集合意識はそんなに強くないように感じました。

多分、そういう文化を発展させるほどに、島に暮らす人たちには余裕がなかったのではないかと感じました。これだけ圧倒的な「自然」の中で暮らすことは現実的に相当大変だったのではないか・・・という気がします。何か、歴史的なものもあるのかもしれません。

それと、屋久島の浄化力がすごい、というのもあると思います。これだけ場の力が強くて、浄化力が強かったら、あまり人間の念とか残りにくいのではないか・・・という気もしました。屋久島自体が巨大な花崗岩の塊ですし、その上から毎日のようにザーザー雨が降っていればそりゃそうだろう・・・。勝手な僕の感じ方ですが。

まあとにかく、とてもピュアな自然のエネルギーがまだまだ残っている場所なのだと思いました。そういう場所は、自分自身の中にあるピュアな部分に感応しやすいのだと思います。前回の屋久島の滞在は、もう一度自分のピュアな部分に立ち返るためだった、と思っています。

特に山の上は、非常に波動が高いと感じました。なるほど、波動が高いとはこういうことか、と。振動数が細かい。僕にとってのクライマックスは宮之浦岳でしたが、本当にピュアな場所でした。屋久島には「岳参り」と言って、山の頂上まで神様を拝みに登る風習がありますが、その祈りの念みたいなものも、すぐに上に上がってしまっているんだろうなあ、という感じで、あまり人の気配を感じませんでした。屋久島の浄化力のなせる技、でしょうか。本当に素晴らしい場所でした。この九州の端にある島に九州最高峰の山があるとは不思議なものでした。この話はもう少し続けます。

田口ランディさんのことなど。

思うこと 感じること 活動について

note.mu

最近田口ランディさんのSpiritual magazine「ヌー!」を読んでいます。ランディさんがスピリチュアルなものに本気で?取り組んでいるウェブマガジンのようです。

ランディさんが言うように、スピリチュアルなものに関して「なんかこうベタッとして気持ち悪い」っていうのはすごくよくわかる。ベタッとして気持ち悪くならないためには一つには今のこの時代の文脈に乗っ取らないと何事もだめだなあ。としみじみ思います。

そういう意味で、あえて「スピリチュアル」という言葉が今の時代に指し示すものを批判的に引き受けた上で、そういうものについて語っていく姿勢は共感するところがあります。自分の身に引き受けつつ。

田口ランディさんは高校からの読者で、いま自分が笙を吹いていることにつながるひとつの種をもらっています(以下の過去記事など参照をば)。 

ohtsukajumpei.hatenablog.com

自分はオルタナティブな方には行っちゃだめな気がしていて、あくまで今の社会、時代のメインストリームな場所で、自分の演奏活動含め「そういうこと」をいかにかっこよく統合していけるのか、という気がしています。ほぼ独り言ですが。。

ポーランドに笙を、、

活動について

www.youtube.com

姉の旦那で北朝鮮おたく?プロデューサー?でポーランド人のエミル同士(笑)が、ポーランドの方向けに笙の紹介動画を作ってくれました。もしよろしければご覧くださいませ。ただ、いま改めて見てみるとわたくしが若干適当なことを言っておりますので笑、その辺りはご笑覧ください。エミルありがとう。彼はユーチューバーなので、彼のチャンネルも見てね。

12/18 蔡怜雄+大塚惇平 live at hako gallery

演奏のお知らせ

f:id:ohtsukajumpei:20161201094554j:plain

日にちが迫っておりますが12月18日、イランの打楽器奏者の蔡怜雄くんとのデュオです!このデュオでの演奏を始めて一年ちょっとだと思いますが、だいぶ深まってきております。今回も即興演奏を中心にしようと思っていますが、所々新たに仕掛けを作っていこうと思います。即興演奏による瞑想的な時間を共有できればと思います。

***

『蔡怜雄+大塚惇平 live at hako gallery』
ペルシャ音楽の打楽器奏者、蔡怜雄と、雅楽の笙の演奏家、大塚惇平によるコラボレーションライブです。

毎回二人での演奏は即興演奏を中心に構成していますが、
今回は色々な仕掛けをしていこうかとおもっています。

今回もどのような「響きの場」を皆さまとつくっていけるか、楽しみにしています。

蔡怜雄
http://leosai.tumblr.com/

大塚惇平
http://ohtsukajumpei.com/

【日時】
2016年12月18日(日)
開場:18:30 開演:19:00

【場所】
代々木上原 hako gallery 2F
http://hakogallery.jp/

【料金】
前売・当日共に 2,000円 お茶付き

【ご予約・お問い合わせ】
人数把握のためご予約は、大塚 ohtsukajumpei@gmail.comまでお願いいたします。当日の飛び込みでのご来場も歓迎です。

11/28 高円寺Grain クルムスの鼓動Vol.1

f:id:ohtsukajumpei:20161126084539j:plain

直前になってしまいましたが28日即興ライブです!青ヶ島出身のドラマー、叩き手、荒井康太さんの企画に出演します。皆さんとは初共演なので、とても楽しみにしております。詳しくは下記を。よろしくお願いします!

11/28(月)高円寺Grain
クムルスの鼓動vol.1
19:00open 20:00start
1800yen+drink

横山祐太(tp) from 札幌
大塚惇平(笙)
村田直哉(ターンテーブル)
直江実樹(短波ラジオ)
長井望美(人形遣い)
荒井康太(ds.per)


札幌からトランペット奏者 横山祐太さんを招いて。独自の世界観で活躍を続けるアーティストたちの一夜限りのセッション。

トランペットと笙!?短波ラジオ!?
ターンテーブル!?人形遣いまで!?

楽しく、不思議な夜になると思います。

荒井康太


高円寺Grain
http://grain-kouenji.jp/
高円寺駅徒歩2分!ワールド&アコースティックミュージック、様々な表現スペース!
東京都 杉並区高円寺北3-22-4 U.Kビル2階
tel03-6383-0440

【笙の稽古場】

活動について 演奏のお知らせ

f:id:ohtsukajumpei:20161119202245j:plain【お稽古場ひらいております】

さて、ひっそりとですが、笙の稽古場を開いております。

笙を吹いてみたい方、ぜひどうぞ。グループでのお稽古です。

■日時・場所
12月14日(水) 26日(月)
19:00〜20:30
場所 都内山の手線沿線(詳しくはお問い合わせください)
*基本的に月2回、水曜夜の日程になります(12月は少しイレギュラーですが)。
*参加者、講師(大塚)の都合により変更になる場合もあります。他の曜日がご希望の方などもいらっしゃいましたらご相談ください。

■レッスン料
1回 3,000円 + 部屋代(500~1,000円程度)
*単発でのレッスン、ご都合の良い時のみのレッスンも可です。
*楽器をお持ちでない方の体験レッスンも受け付けております。

■楽器について
レンタルの楽器がございます。また、割引での楽器購入も斡旋します。詳しくはご相談ください。

■お問い合わせ先
大塚 ohtsukajumpei@gmail.com

***

最近笙のお稽古をさせていただいていて、笙という楽器を通して音に向き合うこと、呼吸に向き合うことのおもしろさを実感しています。「雅楽」という切り口から笙を奏すること、「音」という切り口から笙を奏すること、どちらからでも、おもしろさがあります。みなさまとお会いできますこと楽しみにしております。

11/26 目白庭園 秋の庭園ライトアップイベント 演奏会

演奏のお知らせ

f:id:ohtsukajumpei:20161119195334j:plain

PCの不調のため諸々滞っておりましたが、もう来週、26日の演奏会です。豊島区の目白庭園にて、ライトアップイベントに合わせまして雅楽古典の演奏になります。ネット上には記載がないのですが(ごめん!)芸大の後輩で若手実力派の笛吹き、〆野護元くんにゲストで出演していただきます。笙一管で調子を、龍笛と笙で古典、歌物もやります。最後即興も少しやるかな。お値段も据え置きですので遊びにいらしてください!

■日時
2016.11.26(土)[18:00~19:00(受付18:15)]

■場所
目白庭園 赤鳥庵

■出演

笙・歌:大塚惇平 龍笛:〆野護元

■参加費
1,000円(ライトアップ入場料含む)

■定員
60名

■申込方法
窓口で直接、または往復ハガキ、メール、FAXにてお申し込みください。

■申込・問い合わせ先
〒171-0031
豊島区目白3-20-18
mail:info-mejiro-garden@seibu-la.co.jp
TEL:03-5996-4810 FAX:03-5996-4886

詳しくは下記URLも御覧ください。

www.seibu-la.co.jp

f:id:ohtsukajumpei:20161119200203j:plain