読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽記

笙 うた 奏者 大塚惇平のブログです。

雅楽の講座。

思うこと 感じること

f:id:ohtsukajumpei:20150427141810j:image

***

昨日は大塚たくあん食堂にて、雅楽の講座と、演奏をさせていただきました。

ちょくちょく、演奏のときなどに、雅楽についてのお話も交えたりさせていただいていたのですが、本格的に講座というかたちでやらせていただいたのは初めて。初めてでしたが、とても楽しく、充実した時間を過ごさせていただきました。

日本の伝統芸能、というと、日本人である僕らは、意外に、というか、ぼくらが思っている以上に、先入観のようなものが強いように感じています。とっつきにくい・・・つまらない・・・眠くなる・・・というようなことも含め。だから、何かもっとプリミティブな音楽や芸能を求める感受性のある方は、日本でなく、アジアや、その他の海外のものにそれらを求めてしまう・・・。あるいは、ヨーロッパやアメリカから逆輸入された「日本の伝統文化」のようなものに。それはとてももったいないことなのではないかと。

僕はかつて大学で音楽文化論を学んでいた時に、仏教音楽の声明を、自分でも実践しながら、研究のようなことをしていたことがありました。自身で演奏することの身体感覚をもとに、声明の核になっている何かを探求する、ということを目指していたのですが、それを大学での研究活動に落とし込むことができず笑、演奏家としての道を歩むことにしました。

なので、これからは、学術的な文脈と、雅楽の一演奏家として、自分のからだの実感の両面から、皆さまに雅楽の中に宿されている智慧のようなものを、お伝えしていくことができればなあ、と思っています。お伝えしたいことはほんとにたくさんありますので、また、このような会を企画させていただきたく思っています。


大塚惇平

[ohtsukajumpei.com:title]

ohtsukajumpei@gmail.com