読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽記

笙 うた 奏者 大塚惇平のブログです。

笙をはじめてから*1 個と伝統

笙をはじめてからシリーズ

f:id:ohtsukajumpei:20150319223820j:plain

屋久島にて

***

実は何才のいつから笙を始めたのか、覚えていない。前述の宮田まゆみさんの演奏を聴いた音楽祭が2005年だったので、そのころだと思うのだがよく覚えていない。別に物語りめかしたいわけではないのだけど。けど、最初に田島和枝さんのお宅で最初のレッスンを受けたときのことはよく覚えている。とてもおいしいマクロビの料理をいただいたのも覚えている。

たぶん、僕は田島和枝さんと、宮田まゆみさんと出会っていなければ、笙を始めていないと思う。たぶん、ふつうに宮内庁楽部の演奏会を聴いたり、民間の雅楽団体の演奏を聴いても、ふーん、で終わっていたと思う。

そこが、伝統ということ、楽器ということの面白いところなのではないだろうか。「物」として、楽器はたしかにそこにある。けど、その響きは、絶対に「人」を介してしか伝わらない。楽器を鳴らすということは、単なる物理運動なのではなくて、楽器を通して「その人」が鳴っている。それぞれの、その人が鳴らす音は、常に、それぞれが鳴らすその個別の音だ。

「普遍的に正しい伝統の響き」というのは存在しない・・・常に、「個」という、個別の、限定された存在を通してしか、鳴ることもないし、伝わることもない。だから、人が絶えれば、伝統も終わる。

だけど、それが他でもない「伝統」ということの本質なのではないかと思う。「伝統」は、個別の、個人の、これまでに起きた膨大な出来事のディテールの上に成り立つ・・・けれど、それがひっくり返って、「普遍」になる瞬間がある。これが「雅楽」という流れなのかな、と思わされる時がある。そういうときに、長い年月の中で練磨されてきた伝統というものの中に「何か」を感じることがあるように思う。そういった面白さが、やはり、長い年月を経てきた「伝統」の中にはあるのではないだろうか。その負の部分も含めて。

そんなわけで僕の場合、田島和枝さんと宮田まゆみさんという「人」を介して、笙の響きの連なりに、雅楽の連なりに導いてもらったように思っている。個人的に、そしてまことに勝手ながら、お二人はこの世界へのメンターだと思わせていただいています。

(個人名をださせていただくかどうか、迷うところがあったのですが、やはり、そうしないとなかなか伝わらない部分があるため、あえて出させていただきました)